HSS型HSPの世界☆Nymphaea(ニンファー)

神戸・関西で自分と似た人と、居心地のいい場所を作りたい

HSS型HSPが親密になるのを怖れる理由「自己評価テスト」恋愛・結婚

失ったり、裏切られたり、見捨てられたり、相手に利用されたり、支配されたりというリスク

HSPは生まれつき、行動する前にとても慎重にリスクを考えます。

 

誰かと親密になると、そこには「失ったり、裏切られたり、見捨てられたり、相手に利用されたり、支配されたり」というリスクが必ず生じます。

 

誰とでも親密になれる事は、理屈ではいいことだと思いますが、HSPにはそこに足を踏み入れるのをためらう理由が十分にあるのです。

 

その理由は、意識されているものもあれば、あまり意識されていないものもあります。

その不安が誇張されたものだとはっきりすれば、その不安を直視し軽くすることができるようになるでしょう。

 

まずは、あなたが親密になろうとするときにどう反応するか、親密さの自己評価テストを受けてみてください。

 


ひといちばい敏感なあなたが人を愛するときーHSP気質と恋愛ー【電子書籍】[ エレイン・N・アーロン ]

 

親密さの自己評価テスト

恋愛でも友達でも、身近な全ての関係で、どんな傾向があったかを振り返って、以下の質問に当てはまるのなら「はい」で答えてください。

 

①恥ずかしい過去を話し合うのは不快だ

②相手に知られたら嫌われる、というものを持っている

③何かを打ち明けたら、相手が怒るのではないかと心配だ

④失う心配をするくらいなら、誰も愛さないほうがマシだ

⑤結局、相手は何かしらの形で自分を裏切っていく

⑥相手の前で、ありのままの自分で言うのは怖い

⑦相手と親密になると感情反応が強くなり、ポジティブな感情でも止んでほしくなることがある

⑧相手の気に障ることをしてしまいそうで不安だ

⑨相手に支配されるような気がして、親密になるのを避けてきた

⑩長期の関係(結婚など)を決心するのを怖がる自分がいる

⑪相手が感情によりかかってきたら、不安になる

⑫小さなことにカリカリする自分は、誰かと本当に親しくなれるのだろうか

⑬大切な人に、想いを伝えるのは難しい

⑭近づきたい人に近づくチャンスを避けてきた

⑮前の親密な関係では、自分の感情を隠してきた

 

「はい」は、あなたが親密さを怖れるさまざまな理由を表しています。

「はい」が多ければ、それだけ怖れも多いのです。

「はい」が1つでもあるなら、それをよく考えなければなりません。

 

①と②は、ありのままの自分をさらけ出すこと、それを拒否されることへの恐れ

③は、怒りによる攻撃への怖れ

④と⑤は、見捨てられ不安

⑥と⑦は、コントロールを失うことへの怖れ

⑧は、自身の破壊衝動への怖れ

⑨は、相手に飲み込まれることへの怖れ

⑩と⑪は、コミットメント(落ち着くこと)への怖れ

⑫は、すぐにイライラしてしまうことへの不安

⑬~⑮は、どれか1つでも当てはまれば、全体を気にしてほしいと思います

 

HSPが親密さを恐れる8つの理由

・ありのままの自分をさらけ出して拒否されることへの恐れ

・怒りによる攻撃への怖れ

・見捨てられ不安

・コントロールを失うことへの怖れ

・攻撃・破壊衝動への怖れ

・相手に飲み込まれることへの怖れ

・コミットメントの怖れ(落ち着きたくない)

・ささいなことで嫌ってしまうことへの怖れ

 

私の場合は、

④と⑤ 見捨てられ不安

⑩と⑪ コミットメントの怖れ(落ち着きたくない)

が当てはまりました。

 

「永遠なんてものはない」と思っているのですが、自分が落ち着きたくないと思っているのですから、そりゃそうなるわって感じですね(笑)

 

⑫もかな? ささいなことで嫌ってしまうことはよくあります。

(生理的に受け付けないとかなので、ささいなことだけど自分にとっては大事なことです)

 

HSP/HSSの場合(HSS型HSP)

HSSは一般的に、結婚をしたり長期の関係を結んだりしない傾向にあります。

おそらく、いろいろなパートナーを求めているからでしょう。

 

しかしHSP/HSSならどうでしょう?

・欲望のまま、多くのパートナーを求めたい(HSS)

・じっくり経験を深めたい(HSP)

2つの望みが混ざっているでしょう。

 

そのため人生の一定期間は、多くのパートナーがいて、次々と乗り換えているかもしれませんが「この人だ!!」となったら、たちまち相手に急接近し、契りを交わすことになるかもしれません。

 

HSSの部分が、慎重なHSPの部分からの警告を乗り越えて、精力的に欲しいものを追いかけるのです。

 

HSP/HSSは、あるときは「一緒に盛り上がろう」だったのに、急に「1人がいい」と態度が変わり、その振り幅の大きさに対応できるパートナーを見つけるのは難しいかもしれません。

 

 

約束を怖れるのは自由を奪われるから、退屈を怖れているから

私はHSS型HSPなのですが、本当にそのまんまですね!

 

多くのパートナーは求めてないけど「もっといい人」を求めていたのかもです。

(このまま落ち着いてしまうのだろうか?これでいいのか?)と思うと、なんか不安になってしまいました。

 

自分の気持ちは長く続かないとわかっていたんだと思います。

だから出来ない約束は、最初からしない。

 

 

同じタイプの人とは滅多に出会わないけど、気が合うから仲良くなります。


とても素敵な人だと思っても、離れていってしまうので関係は長く続きません。

「自分が女だったら、こんなやつ(自分)と付き合いたくない」と言っていた男の人がいて、とてもその気持ちがわかりました。

 

HSSが約束を怖れるのは、自由を奪われるからで、退屈を怖れているのです。

 

hss-hsp.hatenablog.com

hss-hsp.hatenablog.com

hss-hsp.hatenablog.com

hss-hsp.hatenablog.com