HSS型HSPの世界☆Nymphaea(ニンファー)

神戸・関西で自分と似た人と、居心地のいい場所を作りたい

HSP関連の本【敏感な気質】提唱者はエイレンアーロン博士

HSPの知識は本を読んで勉強しています(HSS型HSP) 

ネットを見ればHSP情報が溢れていますが、私はHSPの提唱者のエイレンアーロンさんの概念を基本に考えています。

 

自分がHSPだと思う人は【ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。】は、読んだほうがいいと思います。

 

個人的には、みさきじゅりさんの【ささいなことに動揺してしまう 敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本】がわかりやすいので、最初の1冊におすすめです!

 

たくさん出てきているHSPに関する本は「どんなことが書いてるのか?」と市場調査をしながら読んでいるので、自分用にまとめます(私はHSS型HSPです)

 

エイレン・N・アーロンさん(HSPの提唱者) 

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。

f:id:Schizoid-personality:20200811142312j:plain

図書館で借りて読みました。

ページ数が多くて読みにくいかも知れないけど、これが基本だと思います!!

リンクが見つからなかったので、表紙が違う文庫本を載せておきます 

 

敏感すぎてすぐ「恋」に動揺してしまうあなたへ。

 

 

自分はHSPだと言っている人の中で「HSPの提唱者」の本を読んだ人は、どれくらいいるのでしょう?

 

みさきじゅりさん(HSS型HSP)

ささいなことに動揺してしまう 敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本

 

HSPの本だとは知らずに手に取った、私がHSP関連で最初に読んだ本です。

刺激追求型についても書かれているので、脳の仕組みがよくわかりました!!

 

仕事にも役立ちます!!何回も読み返して勉強した本です!!

hss-hsp.hatenablog.com

 

長沼睦雄さん(HSPの仕組みがよくわかる)

「敏感すぎる自分」を好きになれる本

 

エイレンアーロンさんの本を読むのはちょっと大変なので、こちらもおすすめです!

 

高橋敦さん(4コマで読みやすかった本)

敏感にもほどがある

 

共感出来ることが多くて、面白かったです。

シュールな世界、私は好きです(笑)

 

繊細さん(武田友紀さん)

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本
繊細さんが「自分のまま」で生きる本 繊細さは幸せへのコンパス

 

「繊細さんの本」は、刺激に対する具体的な対策が役に立ちました!!

私はHSPだけど繊細ではないから関係ないわ~と思ってスルーしてたけど、いい本でした。

hss-hsp.hatenablog.com

hss-hsp.hatenablog.com

 

漫画で読みやすいHSPあるある(著者はHSS型HSP)

繊細すぎて生きづらい ~私はHSP漫画家~ (ぶんか社コミックス)
HSP! 自分のトリセツ 共感しすぎて日が暮れて

 

漫画なので読みやすいです!!(日常のHSPあるあるですね)

どちらもHSS型HSPの方が書かれています。

 

「HSPの情報発信をする人は、HSS型が多い説」byウサキさん

hss-hsp.hatenablog.com

 

HSPってこんな人(内向的な人の気持ちがわかる本?)

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン) の教科書

 

「HSPって、こんな人なんだ~」と知りたい人におすすめです。

HSP関連の本がまだそんなに出てなかったころに読みました。

 

気持ちはわかるけど、私は中程度のHSPで人間関係では悩んでないので、そこまで共感は出来なかったです(笑) 

 

他、発達障害とかエッセイとか

HSPと発達障害 空気が読めない人 空気を読みすぎる人
ダメ人間だと思ったらHSPでした!

 

最近は、本当にHSP関連の本がたくさん出てきましたね!

なんか「HSPの概念」がよくわからんくなってきました…

 

30代のHSS型HSPの本(電子書籍)

インタビューに参加したのが本になりました!!

hss-hsp.hatenablog.com

 

年間200冊本を読む(記録に残すのが好き)

本を読むのが私の習慣です。図書館を利用しています!!

schizoid-personality.hatenablog.com

 

読書メーターに記録

時間がある時に、読んだ本をまとめています(小説や物語はほとんど読みません)

bookmeter.com

 

こうして「目に見える形」にして残すのが好きなんです(自己満足です!!)