HSS型HSPの世界☆Nymphaea(ニンファー)

神戸・関西で自分と似た人と、居心地のいい場所を作りたい

【脳の働き】かなりの情報量を取り込んで深く処理をしてしまう「HSP」

考えすぎるのは性格でなく脳が原因だった

常に何かをずっと考えている。

もう頭がいっぱいで、夜も寝れないくらい…

 

なんでこんな性格なんだろう…

 

なんかね、HSPはそういう「脳の働き」をするんだって!!

 

そうか…脳が原因だったのか、だったら仕方ないね…

(ガーン!!脳って、どうにもならへんやん!!)

 

そういうことです。

 

頭が疲れやすく、神経が高ぶりやすくなる

同じものを見ていても「かなりの情報量」を取り込んでしまう

さらに、それを「深く処理」してしまう

頭が疲れやすくなる

神経が高ぶりやすくなる

疲れる!!

 

どうですか?

原因がわかれば、そういうことか…と納得出来ましたか?

 

気持ちでなんとかなるものではない 

だからね「考えすぎ、気にしすぎ」って言われたって、治せないのよ。

好きでやってるわけじゃないの。

 

そういう「脳の働き」をしちゃってるの!!

 

それが、20%のHSPと言われる人で

他のHSPじゃない80%の人との違いは「脳」なのよ。

 

ちなみに動物にも「敏感」なのと「鈍感」なのがいるんだって。

 

対処法は受け入れて諦める!?

脳に対する「刺激を減らす」といっても、普通に生活していると…なかなか難しいですよね。

 

山に篭るわけにもいかないし。お金があれば「ポツンと一軒家」もいいかもだけど。

私は、海が見える家でのんびり暮らしたいわ(妄想)

 

まぁ、現実的に考えると…働いてお金を稼ぐには、人と関わっていかないといけないわけですね。

 

出来る範囲で苦手なものは避けましょう…

 

それでも、気分が落ち込んだり、すんげーイライラしちゃった時は

「自分のせいじゃない、脳がそうなってるんだ」と言い聞かしましょう。

 

だって、しょうがないじゃないか!!

そういう「脳」なんだもの。

 

はぁ…もうね…「出家したい」って思うことがよくあります(笑)

 

とりあえずは「受け入れる」こと(嫌だけど、しょうがない)

 

対処法はそれから探していきましょう。

hss-hsp.hatenablog.com

hss-hsp.hatenablog.com